0120-725-983

メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

0120-725-983

Blogスタッフブログ

2024/01/22

おすすめの樹木 part.1

樹木を選ぶ時のお悩み

冬の庭って寒々しく感じる景色になり、春が待ち遠しくなりますね。

冬時期の樹木の選びかたって難しい・・・そんな声も聞こえます。

樹木の選び方は要望によって様々ですが、よくご相談される質問といえば、

『リビングから見える植物は何を選べばよいの?』

『虫が来ない木ってあるの?』

『手入が大変で無い木って何?』

『実が食べれる木をお庭に植えたいけど・・・』

『シンボルツリーって何がむいているの・・・』

そんな疑問をお持ちの方、このブログを参考にしてみてください!!

樹木の種類

先ず、樹木には常緑樹と落葉樹の2つがあります。
 

〇常緑樹とは、

1年中、葉を茂らせている樹木のことをいいます!

日よけや風よけの役割を果たし、暑さ寒さを和らげながら寂しくなりがちな冬の庭を彩ってくれます。

 

〇落葉樹とは、

冬季または乾季になると葉を落とし休眠する樹木のことをいいます!

陽射しが強い夏の間は木陰を作り、冬には暖かい太陽の光が家のに届く。心地よい場所を提供してくれます。

 

四季を楽しむには落葉樹がおススメですが、虫が付きやすい心配や落ち葉のお手入が大変という方には

お手入が簡単な常緑樹が良いかもしれません。

でも、常緑樹は通年葉っぱの入れ替えの落ち葉がある事も注意点です!

 

◎トネリコ

オリーブ

ヒメユズリハ

フェイジョア

ソヨゴ

 

また、小さなお子さんがいるお家では、常緑、落葉樹を植える場所を過ごす空間によって選択することも重要点の一つです。
 

例えば、動線となる場所やプールやBBQをするスペース近くには、虫が付きやすい樹木を植える事を避けると良いです。

 

◎モミジ

ヤマボウシ

レモンの木

でも、四季を感じ庭を色づける樹木としては素敵ですから、ぜひリビングの窓から見える位置に植えてみてはどうでしょうか!

季節によって様子を変え、庭に色を付ける樹木たちは、庭で過ごす時間を増やしてくれます。

 

◎アオダモ

ハナミズキ

ナツハゼ

シャラ

ブルーベリー

常緑、落葉樹と、それぞれの特徴とお庭の景観

常緑樹は・・・

1年中緑を茂らすので冬にも自然の温もりを感じることができます。また、日差しを遮ってくれるので、夏は涼しく、冬は温かく感じさせてくれます。

落葉樹は・・・

春には芽吹き、夏の間は緑の葉を繁らせ、秋には落葉する前に葉が赤や黄色に色付き、私たちの目を楽しませてくれます。

冬の間は葉がなくなるので樹木の周りに低木や下草を植えて、空間を充実させるのもおすすめ!

まとめ

『家族との思い出と共に、成長していく楽しみ』

庭はお子さんに身近な自然体験をさせてあげられる場所でもあります。

毎朝、家を出るときに「もうすぐお花が咲きそうだね」「葉っぱの色がかわってきたね」など

声かけしながら親子で庭木を眺めれば、それも大切な自然体験になります。

また、樹木は住まい・暮らしを引き立てる存在でもあります。

庭の中に1箇所でも緑の空間があるだけでお庭の雰囲気はガラッと変わります。
 

お悩みや、こうしたいなどのご要望をぜひお打ち合わせの時にお聞かせくださいね。

皆さんのご要望に沿ったご提案をさせていただきます・・・!

Contact

− お問い合わせ −

Quhan本社 1Fショップ/2Fオフィス 〒501-6133 岐阜県岐阜市日置江270-1
Quhan支社 オフィス 〒451-0042 名古屋市西区那古野2-14-1 なごのキャンパス
Quhanインショップ 〒465-0057 名古屋市名東区陸前町26 Vigore 1F
ガーデンスタジオ 〒501-6131 岐阜県岐阜市大字高河原字村添281-5

ページの先頭へ戻る